×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

神経性による頻尿の原因と治療薬

神経性の頻尿とは、その名の通りストレスによる「心因性」が原因で起こる症状です。緊張などの精神的負荷によって、誰もが尿意を感じたと言う経験はありますが、神経性の頻尿は、ストレスや緊張のために何度もトイレに行ったことがある経験や、電車や車、学校など、尿意を我慢した「嫌な過去」がイメージに定着してしまった結果、発症する可能性があります。つまり尿意に対する恐怖感が、心因性頻尿の原因なのです。この症状を放っておくと「うつ病」の原因にもなりかねないので注意が必要です。睡眠時や、他の作業に集中している時は尿意が消えますので、治療法としては、脳に定着した「自分は頻尿である」というイメージを消すことが大切になってきます。神経性の頻尿の薬や漢方薬としては、膀胱の過敏性を抑えるものが効果的です。また、心因性による影響が大きいと医師が判断した場合は、自律神経を調整する薬、または抗うつ剤を投与して治療する場合もあります。これらの薬や漢方薬による補助で「自分は頻尿ではない」という自信を付けることが、神経性頻尿に最も効果がある治療法と言えるでしょう。心因性の頻尿は特に女性に多い傾向がある様です。

夜間頻尿の原因と治療薬

更年期を過ぎたお年寄りに多い症状として「夜間頻尿」があります。この原因は、脳から分泌される抗利尿ホルモンの低下により、尿意を抑えることが出来なくなること、また老化による腎臓の機能低下などが原因となります。しかし夜間頻尿の原因は、老化による身体機能の低下だけが原因ではなく、単なる水分の過剰摂取の可能性もあるのため、薬を飲んだり、治療する前に、日記をつけて最低2日間は利尿のリズムを確認することが大切です。その他の、夜間頻尿の原因としては、以前に脳梗塞やヘルニア、脊髄の病気をし、それにより膀胱機能が低下してしまうケースもあります。この場合の治療法としては、神経性の頻尿と同じく、膀胱の過敏性を抑える薬や漢方薬が効果的です。最後に、眠りが浅い場合や、昼夜のリズムが崩れることにより、夜間に何度も目が覚め、ついでにトイレに行くという癖が「夜間頻尿」の原因にとして定着してしまうケースもあります。この場合は、日中に太陽にしっかり浴び、適度な運動をして、元の体内リズムに戻すことで改善されます。

子供・小児による頻尿の原因・治療薬

子どもの頻尿の原因としては2つ挙げられます。一つは膀胱炎や尿道炎といった、炎症によるものです。外で遊ぶことが仕事の子供の手は雑菌だらけ。その手で、おしっこをしようとして下腹部を触り、雑菌が尿道に入ってしまい炎症を起こすことがあります。治療法ではなく、予防対策になりますが、ドロ遊びなどをした後は、必ず手を清潔にすることを教えることが有効です。幼児頻尿の、もう一つの原因としては、意外と思われるかもしれませんが、ストレスや精神による「心因性」が原因で起こるものです。こどもは一人で生きていけない分、周囲の反応に非常に敏感です。それらの不安や心配が原因になり、小児頻尿になってしまうのです。また子どもは、頻尿による「おもらし」などの経験をした場合に、親や周囲に叱られたことをストレスを感じ、更に症状が悪化する場合もあります。つまり、親や家族はそのことを十分に理解した上で、子供に「心配がない」ことを優しく教えてあげる必要があります。ちなみに、妊娠中による頻尿は、子宮が大きくなり膀胱が圧迫されるからです。治し方としては、トイレに行く前に少しの間、前かがみの姿勢を保てば、残尿感が残りません。また、夜中に頻尿がひどい場合は、夕方以降の水分を控えることが大切です。

Copyright © 2008 頻尿の原因と治療薬を徹底紹介!